ソリオで車中泊は可能? 初心者でも安心できる車中泊の基本を教えます。

車中泊をしてみたいけれどソリオで可能なのかと気になっているみなさん、こんにちは!

今日は車中泊初心者の方々のためにソリオ車中泊が可能かどうか。そして車中泊初心者のために最低限用意するものや、心得ておくことを紹介したいと思います。

結論から先に言いますと、ソリオで車中泊は可能です。ただし、ただ可能というだけではございません。ソリオは車中泊初心者にも向いている優しい車なのです。

え!? それってどういうこと?

と気になる方も多いと思いますので早速詳しく説明していこうと思います。

 

ソリオは車中泊初心者に優しい仕様

 

この投稿をInstagramで見る

 

TakaTomoさん(@takatomo22121)がシェアした投稿

先ほども説明しましたが、実はソリオは車中泊に向いた機能が充実しており、車中泊初心者にもお勧めの車なのです。

大きな理由としては、

  • 車内が広いこと
  • シートが動かしやすく、整えやすいこと

この2点になります。

けど、車中泊初心者の方からしたら

「え? それってどういうこと!? 」といった感じですよね。

安心してください、一つずつ説明していきます。

広々とした車内

「外は小さく、中は大きく」という理想を持って作られた車がソリオです。コンパクトな見た目とは裏腹に車内は広々。車中泊では車内でいかに快適過ごせるが肝になってきますので車内の広さもとても重要です。具体的な広さとしては、

  • 室内長:2,515mm
  • 室内高:1,360mm
  • 室内幅:1,420mm

となっております。因みにカプセルホテルの一般的なサイズが

  • 長さ:2,000mm
  • 高さ:1,000mm
  • 横幅:1,000mm

です。大体一回りから二回りくらいは大きいということがお分かりいただけるかと思います。

たけのこ
意外と広いんだね
きのこ
大体セミダブルベッドくらいの広さかしら

倒しやすく、高さも自由自在なシート

ソリオのシートは全席角度や位置を自由に動かすことができます。さらに、体格や好みに合わせて、シートの高さをきめ細かく調整することもできるのです。車中泊的にはこれはどのようなメリットがあるのかというと、快適な寝床を確保するうえでとても役立ちます。

後にも説明しますが車中泊での快適な睡眠にとっては段差が一番の敵です。車中泊をする人たちはみなこの段差を様々な工夫で埋めているのですが、ソリオならこの段差の調整がシートの高さの調節でも行えます。

 

最低限はこれだけ? 車中泊の基本装備

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidenobu Sumikawaさん(@sumisumika1)がシェアした投稿

それでは、車中泊初心者の方のために、まずは最低限これだけは揃えておきましょう! というグッズを紹介します。快適な睡眠時間を車内で確保するためには必須になってきますので、しっかりチェックしておきましょう。

エアマット

エアマットを広げることで段差を埋めることができます。実はこの段差が車中泊の一番の敵になってきます。段差がある状態で寝ると、身体にストレスがかかった状態朝起きた時に身体がバキバキ…そうならないように段差対策をしっかりしておきましょう。前方後方の両シートを倒してフルフラット状態にし、エアマットを広げれば手軽に寝床が確保できます。

また、エアマットは使わない時はコンパクトに収納できまるところもお勧めなポイントです。

寝袋

毛布などの掛布団でも良いですが寝袋もエアマットと同じ理由で使わない時はコンパクトに収納できます。

広々とした車内が自慢のソリオとはいえ、もので車内を溢れかえらせたくありませんよね?

できるだけ車中泊用のグッズをスリムに収めるようにしておくと見栄え

も良く、普段から気持ちよく乗ることができます。

サンシェード

睡眠中は無防備な状態です。そんな時に外から様子が見えてしまうのはやはり怖いです。

防犯のためにもサンシェード(日差し除け)を用意して、外からの視線を遮りましょう。夏場は日差しで車内が暑くなるのを抑えてくれるだけでなく、冬場は外の冷気で車が冷え込むのを防いでくれるので非常に便利なグッズです。

きのこ
車内が丸見えの状態だと安心して寝れないからサンシェードは特に必須ね

 

より快適に過ごしたいならこれも用意しておこう

 

この投稿をInstagramで見る

 

瀬川 淳一さん(@junichisegawa)がシェアした投稿

ちょっとの一工夫で車中泊はより快適になります。そんなグッズをいくつか紹介しますので気になったものは先ほど紹介した必須グッズと併せて購入しておくと良いですよ。

耳栓

車中泊のために車を止めたのはいいけど外の音が思ったよりうるさい…なんてことがあります。

例えば雨粒が車に打ち付ける音なんてものは運転中は気にならないのですが、止まっているときに聞いてみると思ったより音が大きく気になってしまうものです。

そんな時のために耳栓を用意しておきましょう。お勧めはMOLDEXのこの耳栓です。コストパフォーマンスが良く、周りの音もかなり遮ってくれるので夜も落ち着いて眠ることができます。

 

インバーター

車中泊をして長い間車にのっているとスマートホンの充電がきになってきますよね? 車のシガーソケットから充電が行えますが、実は充電速度も遅くかなり心もとないです。

しかし、インバーターを使うことでコンセントを複数挿すことができ、ある程度の電力も確保できるので快適に充電が行えます。

このBESTEKのカーインバーターは使いかたもとても簡単で、シガーソケットにさして、エンジンがかかっている時に電源をオンにするだけです。

 

どこに止めればいいの? 車中泊の定番スポットを紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jpさん(@mt.jxxp)がシェアした投稿

最後に、車中泊の際に止めれる場所やお勧めのポイントを紹介します。

いざ車中泊をしようと思ってもここに止めていいのかわからない。これから車中泊デビューしようと思うけどある程度止める場所決めてから行きたいですよね。定番どころと車中泊スポットの探し方も含めて紹介しますので安心してください。

定番はサービスエリアか道の駅

常に人の出入りがある程度以上あるところに止めることがお勧めです。主な理由は2つありまして、

  • 人の目が常にあるので防犯対策になる
  • 自販機や24時間営業しているお店があり、夜中に急に買い物の必要はできてもすぐに買いに行ける。

人通りのない誰もいないスポットで車中泊をすると車上荒らしに遭遇する可能性もありますが、人の目がある道の駅やサービスエリアでしたらある程度防犯対策になります。

また、夜喉が渇いたときや、車内が思ったよりも寒くてカイロが欲しいといった急な時でも24時間開いているお店や自販機もありますので、すぐに調達することができます。

全国車中泊スポット紹介

全国の車中泊の先輩方が情報を集めて、どこなら車中泊しやすいか調べてまとめてくれているサイトがいくつか存在します。このような車中泊スポットのための情報源を事前に見ておくことで、止める場所に迷わなくてすみますのでお勧めです。

全国車中泊スポット紹介

このサイトは夫婦で車中泊しながら旅をしている素敵な方々が運営しているサイトになります。実際に車中泊してみたレポや、なぜそこを選んだか、良かったところや周辺のお勧めスポットまで紹介してくれているので旅のガイドとしても一級品のサイトです。

 

まとめ

今回はソリオで車中泊を行う方法についてご紹介しました。

結論といたしましては、

  • ソリオは車中泊は可能! 初心者にも優しい仕様なので入門にも最適
  • 寝るときの段差対策をすれば車内でも快適な寝床が確保できる
  • 止める場所は事前に情報収集しておくと吉

これから車中泊を始める方々にとっては不安なことも多いと思いますが、その最初の一歩を踏み出した際に楽しい車中泊ライフが待っています。是非ともチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です