ジムニー車中泊に不満を感じた私がアレを使っただけで快適すぎて感動!

スズキの人気車種といえば…..

そう、ジムニーです。

本当にこの車、人気ですよね。わたしの暮らしている地域でもジムニーが走っているのをよくみますし、かくゆうわたしもジムニーユーザーでした。現在(2019年10月時点)でも人気がありすぎて納車まで1年かかるとか(笑)

そんな人気車種のジムニーで、最近流行りの車中泊をしたらどうなのか?とっても気になるところですよね。

では早速結論から、普通にジムニーで車中泊しても全然快適じゃありません。

閉じるのはまだ早いですよ、少しだけ待ってくださいね! この普通にというところがミソなんです。

じつは、あるんですよ。超簡単にジムニーで快適な車中泊をする方法が!これからその方法をご紹介しますね。

 

《ジムニー》ジムニーの寝心地が最悪な理由

上にも書いたとおり、ジムニーの車中泊は快適ではありませんでした。

↓こちらの画像が主な原因です。

 

引用:スズキ公式HP

上の画像のように寝ると、フロントシートと後部座席の段差がとにかく気になります。さらにこの寝方の一番の問題点は、体が「ヘ」の字になってしまうことです。頭に血が上りそうな感じがありとても眠れませんでした。

下の画像のように後部座席を折りたたむことができます。とてもいい機能ですよね!これなら頭に血が上る心配がない!

しかし、この折りたたんだ部分がプラスチックでできているためとにかく固いです。さらに完全なフルフラットにならないため、とにかく寝心地が最悪……これは正直、詰んだと思いました……。

しかし、ここからSUZUKIの本気がみれます…

 

《ジムニー》これぞまさにSUZUKIマジック! ジムニーの車中泊が快適に!?

ベッドクッション

後部座席を完全に倒すと、プラスチックの面になっているためとにかく寝心地が最悪です。

しかし、このベッドクッションを取り付ければフルフラットな車内と最高のクッション性のおかげで、毎日ジムニーで寝たくなるほど快適になります。

SUZUKIさん、ありがとう~。と思わず心の中で叫んでしまいました! これで寝心地問題は解決しましたが、SUZUKIの本気はこんなもんじゃありません。まだまだ、車中泊を快適にする素晴らしいオプションがありますよ~!

きのこ
値段が少し高いわね……
たけのこ

SUZUKIって車体価格は安いけど、その分オプションが高いからね。

でも、これに関しては値段以上の満足度だったなぁ

カーサイドタープ

これで、一番の問題点である寝心地の悪さは解消しました。

しかし、不満点はそれだけではありません。この車、車内で料理をするのが困難なのです。まずは4:49秒から始まるこちらの動画をご覧ください。

この動画で推奨している外での調理、これを快適にしてくれるグッズがカーサイドタープなんです!

きのこ
普段、料理なんてしないくせに……
たけのこ

それは、きのこちゃんの料理が美味しいから!

(普段は面倒だけど、大自然のなかで料理しているとなぜか楽しいんだよなあ……)

このカータープがあれば日差し・風・雨などをよけてくれるため、外でも快適な料理ができます。料理をしない方でも、これひとつで居住空間がつくれるため持っていると本当に便利ですよ!

さらに、驚くほど設営と撤収が簡単なんです!車体側に吸盤を付けて、この吸盤についているフックにカータープを引っかけて固定するだけ。たったこれだけの作業なため、不器用なわたしでも簡単にできました。

たけのこ
山の天候って変わりやすいから、簡単に設営と撤収ができるのは本当にポイント高いよね!
きのこ
そうね!お値段的にはポイント低いけど
たけのこ
でも、サイドオーニングなんかつけようとすると平気で10万円近くするからね。そう考えると安くない?

プライバシーシェード(フロント)

左右のフロントドア用が2枚、フロントガラス用が1枚の計3枚入っています。ジムニー用の純正オプションなためジャストサイズで使い勝手が抜群。フロントドア用のシェードはメッシュつきの2重構造になっていて、小さい虫の侵入を防いでくれるためとっても便利です。

引用:スズキ公式HP

リア用もあるのですが、こちらはメッシュ構造がありません。しかも吸盤で固定するタイプでその吸盤がとにかく外れやすいです。おまけに値段も高い……

そのため、フロントは純正品を使用してリア側はこちらを使用するのがおすすめです。

《ジムニー》SUZUKIの純正オプションは○○! 一部SNSをご紹介!

ここまで、わたしの主観モリモリで話をしてきたため、ここらで他の方の意見も見てみましょうか!

たけのこ
おっしゃるとおり、寝心地最高です。

たけのこ
家の中だと、カータープの大きさがより伝わってきますね!

たけのこ
そうなりますよね~。いくらなんでもフロント、リア足して5万円超えは高すぎます……

 

まとめ

  • ジムニーの車中泊は快適じゃない
  • SUZUKIの純正オプションを使うことで快適な車中泊が可能
  • オプションが高くて手が出せない場合は、社外品をうまく代用

 

実際わたしもジムニーで車中泊をしましたが、快適とは程遠いものを感じました。しかしSUZUKIの純正オプションを活用しただけで、とても快適な車中泊をおくれたんです!このときの感動は今でも忘れることができません。

この感動をもとに、これからジムニーで車中泊をチャレンジされる方はもちろん、ジムニーで車中泊をしてみたけど快適じゃなかったという方のお力になれればと思い記事を書いてみました。すこしでも参考になっていただけたら幸いです。

ともに、感動を味わえることを心よりお待ちしております。それでは、さようなら~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です