アルトワークスで快適に車中泊する方法は?

こんにちは!

遠出をして出かけた際、できるだけ費用をおさえて自由に遊べる時間が欲しいですよね! それにより、旅行などがより楽しくなると思います! 下手にホテルを予約してしまいますとかなり費用がかかってしまいます。また、チェックアウトの時間がありますので、時間に束縛されてしまいます。しかし、道の駅などで車中泊をすれば費用をかなりおさえることが可能です。

ということで、アルトワークス車中泊をする方に向けて、どのようにしたら車中泊をより快適にできるのかをまとめていこうと思います!

 

アルトワークスの内装はどうなってんの?

引用:SUZIKI

アルトワークスの魅力として、強いトルクと熱効率が良いエンジンを持ち、加速性に優れている点があります。そんなアルトワークは車中泊で快適に過ごすことができるのか気になりますよね? 車中泊に大切だと思うのは内装と思いつく方が大半だと思います。そこで、アルトワークの内装について見てみましょう!

シート

引用:SUZIKI

シートに関しては、しっかりとしたホールド性でロングドライブにはぴったりのシートになっています。

では、シートに関して実際にはどのような口コミがあるのか見てみましょう!

【インテリア】

見た目はソリッドな感じで良いです。

【乗り心地】

多少固めですね。

引用:価格.com

 

レカロシートではロングドライブには向いていないようです。シート自体はやや固めな素材でできており、車中泊のことを考えると寝心地があまり良くないと言えます。シートで睡眠をとる場合、一日の疲れを取ることは難しそうです,,,

車内空間

車内空間に関する口コミもありましたので、参考にどうぞ!

この口コミを見てみると、やはり軽自動車であることから運転席や助手席がやや狭いことが分かります。よって、運転席や助手席で睡眠をとることはあまりおすすめしません。

仮眠の短い睡眠であれば、女性などの小柄な方にはいいかもしれません。運転席や助手席で睡眠をを取る際には、できるだけシートを後方にスライドさせシートを倒すことによって、より空間を広くできます。

また、後部座席やラゲッジスペースを活用する方法があります! 運転席や助手席を前方へ出し、シートを前に倒すことによって後部に15mmの空間ができます! この空間を利用したDIYの方法を後でご紹介したいと思います!

きのこ
ラゲッジスペースって何なのか分んない!
たけのこ
ラゲッジスペースは荷物スペースのことだよ!

 

このことから、結論としてアルトワークは他車に比べると、車中泊にはあまり向いていないようです,,,

だからといいてアルトワークは快適に車中泊ができないわけではありません! 工夫次第で快適に車中泊ができます! それを皆さんにご紹介したいと思います!

 

車中泊を快適にする道具を紹介するよ!

 

 

マット

マットのおすすめは、車中泊 マット8cm 段差解消 シングルサイズ 自動膨張式 2バイブです!

ケースから取り出すと自動的に膨張し、2つをボタンで留めることによって連結が可能です! 値段は6980円(税込み)です。商品を載せておきますので気になった方はどうぞ!

寝袋

寝袋は車中泊をするのあたってかなり重要なものです! 車中泊をする際は、マナーとしてエンジンを切る必要があります。そうなると、エアコンが使えません。夏はいいのですが、冬は地獄ですよね(・・),,,

地獄の車中泊をHYBRID マミー型 封筒型 大人用寝袋です!

マミー型の暖かさと封筒型の快適さを兼ね備えたハイブリッド型寝袋です♪
一見マミー型の寝袋に見えますが、足元の形が封筒型になっているので寝返りがうてるスペースがあり、快適にご使用いただけます。4シーズン使用できるので季節によって寝袋を変える必要がありません! また、丸洗いも可能で清潔に長期的にお使いいただける寝袋です。値段は6800円(税込み)です。

LEDランタン

ランタンは電池式やLED、燃料ランタンなどの種類があります。そこでおすすめするのはLEDランタンです!

LEDランタンのメリットとして、

  • 熱くならないため、安全性が高い
  • 電池交換の必要性が無くなるため、わざわざ電池を買う必要が無くなる
  • 燃料の心配がなくなる
  • 寿命が長く、長時間の使用が可能

この4点において、他のランタンより優れています。

LEDランタンの商品を1つ紹介します!

この商品は、さまざまな方法で充電が可能なんです! ソーラーや手回し、ACアダプター充電、乾電池、車載充電の5つの方法で行えます。また、充電忘れがった際にも慌てずに済むのです! 明るさをボタン一つで調節することが可能です! お値段が3544円(税込み)となっています。

シャットカーテン

車中泊する際、普段は窓から車内が丸見えになっていますよね。やはりプライバシーはちゃんと守っておきたいものです。そこで役立つのがシャットカーテンです。プライバシーも守れるので安心して車中泊ができます!
フックに紐を引っ掛けるだけで取り付け・取り外しが行えるので非常に簡単なんです! 価格は3740円(税込み)です!

カセットコンロ

皆さん、季節に問わず暖かいご飯やおかずを食べることが一番おいしいと思いませんか? おいしい物を食べると自然と疲れもなくなりますよね。そこで必要な道具がコンロです。

早速ですが、カセットコンロの中でおすすめしたい商品はこちらです!

この商品の魅力は高火力、高効率となっており、ガス消費量18%カットできる点です! 時間と費用にも優しいものとなっています。値段は3960円(税込み)です!

耳栓・アイマスク

寝る際にはやはり静かな環境で熟眠したいですよね! これができないと次の日の体調が悪くなってしまうことがあります。熟眠したいのにも関わらず、車中泊をする場所は必ずしも暗く静かな環境であることは少ないと思います! これでは安心して眠れませんよね,,, ダイソーやセリアなどの100円ショップで購入できる耳栓とアイマスクを用意するだけで、より快適な睡眠がとれると思います!

 

DIYの方法について紹介してくよ!

 

この動画の内容をまとめました!

  1. 1800×90mmのコンパネを購入する(片面塗装がおすすめ)
  2. 幅45mmにカットし、これを3セット用意する(ホームセンターで1枚50円ほどでカットが可能)
  3. 3枚の内、1枚を50mmにカットします。仕上がり寸法は400×500です
  4. コンパネでつなげる
  5. 段差を埋める角材:長さ91mm、高さ6mmの角材を1~4で作製したものに取り付ける
  6. コンパネを展開する時:プラスチックの脚立(高さ450cm)を置く
  7. 使用しない場合:リアシート裏にバンドで固定することで邪魔にならない

 

このDIY方法であれば、足を伸ばせることができるので、より快適に過ごすことができます!

 

まとめ

では、この記事のまとめをしていこうと思います!

  • 車中泊には向いていないが工夫次第で快適になる
  • マットや寝袋、シャットカーテンの使用で快適に過ごせる
  • DIYをする方法もあり、足を伸ばせるほどの空間を作り出せる

 

車中泊は自由に旅行の計画を立てることができたり、費用をおさえることができます。費用にこだわりすぎて快適な車中泊とは程遠いものになってしまうもしれません。そんな時はこの記事を参考にして快適で充実した時間を過ごせるようにしてみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です